このアーカイブは ‘ニュース’ のカテゴリーです。

孫正義「eコマース革命宣言」を読み解く

http://recommend.yahoo.co.jp/ec/ 人類歴史の話から始まり、「これまでヤフージャパンは間違っていた」と逆説的に仰った孫正義社長のプレゼン。オチがどう出るのかと興味深く拝見させて頂いきました。 インターネットは本来どうあるべきか?「摩擦係数ゼロ」がテーマ、そして2つの施策。 施策1:無料「全部タダ」 「Yahoo!ショッピング」のストア出店料(初期費用2万1000円、月額費用2万5000円)と売り上げロイヤルティ(売り上げの1.7~6.0%)は、今月から完全無料化。 施策2:自由「ヤフージャパンは囲い込みをやらない」 「ヤフーは間違っていた。Yahoo!JAPANはさまざまな囲い込みをしようという小さな、いじけた心を持っていたが、そういうものは全部忘れる」 水泳を喩えにした「もがくからいけない」という発想。まるでマナ板に乗った鯉をイメージします。 目標:商品数No.1. と国内EC流通総額No.1 革命とは何か? 革命=主役の交代→売り手ファースト。これは正論であるが当然、楽天とアマゾンは意識していると思う。 さて、さて、 ビジネスモデルとしてのオチがどこなのか?この部分を示唆するスライドがここだろうと思います。 物流、決済、ポイント、アフリエイトの「側面支援」。そして広告モデルに軸足を移していくということは想像に難くないでしょう。 つい先日、ブックオフ創業者、現在大繁盛店『俺のフレンチ』『俺のイタリアン』『俺の割烹』などを次々と打ち出しておられる、俺の株式会社坂本社長の講演会を手伝わせて頂きましたが、俺のシリーズは原価率65%でも利益が出るのは、その回転率とお酒にあるとのお話でした。ものによると原価率300%のものもあると仰っていたので、メインデイッシュでは金を稼がず、その他サイドのもので稼ぐというビジネスモデルです。 孫社長は携帯ビジネスをやっておられるので、既に端末本体は無料、月額の契約費用で稼ぐということをやっておられるので、「全部タダ」という発想はチョイスとしては以前からお持ちだったと思う。そうすることによっての出店数拡大と側面支援ビジネスを成り立たせる。ついでに競合他社のビジネスモデルにダメージを与えることは、意図していないにせよ攻撃力を持つと思う。「価格」という消費者が一番判断基準にし易いところを抑えたランチェスターの弱者戦略ですね。 さて、楽天の三木谷社長はどう出てくるでしょうか?「楽天も全部無料」はありでしょうか?やらなければ顧客の流出は避けられないでしょう。流失が始まれば株価が急落し、業績の下方修正を余儀なくされ、その結果更に株価が下がるという負のスパイラルに入ることも考えられます。ヤフーによる楽天買収も無きにしも非ずです。アマゾンの動きも気になるところですが、ジェフ・ベゾスにとって日本は主戦場ではないと思うので、思い切った手は打ち出さないと思います。eBayのときはあっさりと日本から撤退していますので、泥試合は避けるのではないかと思います。 これがドラマであれば、ヤフーと楽天がM&Aでタッグを組んで、ハゲタカ?アマゾンと戦うというストーリー展開も面白いかもしれません。 最後にこの「全部無料」ビジネスモデルを我々自身も選択肢に入れておくべきかもしれません。今、主な収入源になっているサービスや商品をタダで配ったらどうなるのか?弊社の場合、Webサイトの構築をタダでやる。その代わりに月々のHosting費用やマーケティングのサポートは有償でやらせてくださいという感じです。もうすでにそんなビジネスモデルの業者はいますので今更そんなことをやってもインパクトは薄いように思いますが時間を取って考えてみる価値はあるでしょう。 孫社長の仰っていたように「インターネットは本来どうあるべきか?」ということを軸に、自社のサービスはお客様にとってどうあるべきが理想的な姿なのか?その辺りから掘り下げていけば、駆け引きではなく、顧客を味方につけるようなビジネスモデルを生み出せるかもしれません。  

出席率100%!Web徹底活用応用編セミナーを開催しました。

昨日、「日系企業のためのWebサイト徹底活用セミナー(応用編)」を無事開催させていただきました。 前回同様、非常に勉強熱心な方々にご参加いただきました。お忙しい中ご足労いただいた皆様、本当に、ありがとうございました。
 セミナー冒頭でも講師(今回は弊社代表・城が担当)が申しましたが、最近やはりこういったマーケティング系のセミナーには皆さん関心を強くお持ちで人気です。しかしそれは、裏を返せばみなさん共通して「集客」に課題を抱えているということでもあります。そこで今回は、「来て欲しい」お客様を目の前に引き寄せるための顧客分析方法(顧客の見える化)とそれぞれの顧客ステージにあわせたアプローチ方法(顧客教育・管理手法)を事例をもってご紹介させていただきました。…..

満員御礼!「日系企業のためのWebサイト活用度診断セミナー(基礎編)」を開催しました。

R0011366

昨日、弊社初主催の「日系企業のためのWebサイト活用度診断セミナー(基礎編)」をニューヨークのJanet会館にて開催いたしました。
ニューヨークエリアでビジネスを展開される日系グローバル企業の経営者様やWeb・マーケティング担当者様を中心に定員を超える多くの方々にお集まり頂き、満員御礼で無事この日を終えることができました。ご参加頂いた皆様、お忙しい中お越し頂き誠に有難う御座いました。
Webサイトを、
A.目的/目標/戦略 B.デザイン C.コンテンツ D.SEO/SEM E.プロモーション F.運用・管理
という6つの視点で合計24個のチェック項目とチャートを使って採点していきながら、自社サイトを見直し問題点を可視化して発見してもらうという参加型セミナー。今回は「基礎編」ということで、Webサイトをマーケティングツールとして最大限活かしプロフィットを生み出すための、基礎固め、基本の見直しをしていただきました。…..

「WPセキュリティ対策基本マニュアル」Amazonで販売開始。Kindle本出版で見落としがちな注意点

amazon3

日本でも10月からKindleが発売されていますね。
「今年こそ日本の電子書籍元年だ」と数年前から毎年のように言われていますが、いずれもそれほどの盛り上がりを見せることなく過ぎてきました。その理由には、日本独特の著者と出版業界事業が絡んでおり、版権の問題や電子書籍そのものの価格設定、そして海外に比べると圧倒的に高価な電子書籍デバイスの問題などがありました。

以前取り上げた関連記事はこちら⇒AmazonJapanが遂にKindle日本発売を発表!

そのような完全に遅れをとっていた日本の電子書籍業界に新風を巻き起こすはずと期待されているのがAmazonのKindle(キンドル)です。上記過去記事で日本でのKindle端末の価格が気になるところと触れておりましたが、現在日本で発売中の最も安いものはKindle Paperwhite 7,980円。本日時点の米国での同機種の販売価格は$119ですので、円換算しても日本のほうが安いくらいです。…

キャンペーン終了まであとわずか!WordPress「MAYAテーマ」とセキュリティ対策電子書籍のお得なセット販売【年末まで】

set

20万点を越えるデジタルコンテンツを取り扱う「DL-MARKET」内で、
WordPressの「MAYAテーマ」と「セキュリティ対策基本マニュアル」電子書籍のセット販売キャンペーンを行っています!

詳しくは下記をご覧ください↓↓↓

期間限定キャンペーン!!MAYAテーマ、セキュリティマニュアルセット【PDF版】
年末(2012年12月31日)までの期間限定お得なセット販売価格でご提供中。通常定価6,575円⇒ 今だけ5,000円(税込み)!!

※セキュリティ対策電子書籍はE-PUB版でもご用意しております。E-PUB版はこちら

【ニュースリリース】ニューヨーク発・小粋なWordPress日本語デザインテーマ『MAYA』発売中

wp-mall3

ニュースリリース

日本時間 2012年10月26 日(金)
(米国時間2012年10月25日(木))
LOTUS WEB STUDIOS

ニューヨーク発・小粋なWordPress日本語デザインテーマ『MAYA』発売中 ~史上初!?本格派ラッパーによる商品CMは必見!ニューヨーク発の粋なWordPress日本語テーマ『MAYA』発売中~

ニューヨークを拠点とするWebの専門会社LOTUS WEB STUDIOS(所在地:米国ニューヨーク、代表取締役:城誠)は、同社が先日公開した日本のWordPressユーザーに向けた同CMS専用素材の総合マーケットプレイス「WORDPRESS MALL」にて、海外発の最先端な機能を備えた日本語版WordPressデザインテーマ『MAYA』を2012年10月より発売開始しました。下記の通りお知らせ致します。…

※訂正【ニュースリリース】先着20名様限定、WordPressサイト無料セキュリティ診断キャンペーン開始

security-campain1

ニュースリリース【※一部、訂正】

2012年10月1 日(月)LOTUS WEB STUDIOS

先着20名様限定、WordPressサイト無料セキュリティ診断キャンペーン開始
~あなたのサイトは大丈夫ですか?先着20名様限定、WordPressで作成されたサイトに潜むセキュリティ脆弱性を無料で診断・ピンポイントアドバイス~…

【ニュースリリース】日本語版ワードプレス素材の総合オンラインデパート『WORDPRESS MALL』誕生

wp-mall

ニュースリリース

日本時間 2012年9月27 日(木)(米国時間2012年9月26日(水))LOTUS WEB STUDIOS

日本語版ワードプレス素材の総合オンラインデパート『WORDPRESS MALL』誕生
~日本語ワードプレスユーザーに朗報、日本語版素材を取り扱う総合マーケットプレイス、誕生~
ニューヨークを拠点とするWebの専門会社LOTUS WEB STUDIOS(所在地:米国ニューヨーク、代表取締役:城誠)は、今や世界トップシェアを誇るコンテンツ管理システム(以下、CMS)、ワードプレスに注目し、日本のワードプレスユーザーに向けた同CMS専用素材の総合マーケットプレイス『WORDPRESS MALL』を開発、日本時間2012年9月28日(金)(米国時間9月27日(木))に正式公開致します。下記の通りお知らせ致します。…

Webサイトは外注するな!『オープンソース ブログ&ウェブサイト構築ソフト WordPressガイドブック Ver.3.X対応』発売開始

book

4月から密かに動き出していた新たなプロジェクトが、本日ようやく門出を迎えることができました。

弊社執筆の著書、第2弾!

 『オープンソース ブログ&ウェブサイト構築ソフト WordPressガイドブック Ver.3.X対応』

が日本時間9月26日にIT技術書専門の出版社・秀和システムより発売開始となりました!…

中国反日デモの影響、いよいよネット上でも攻撃開始か?

連日、中国での反日デモ拡大が報道されています。

そんな中、中国最大規模のハッカー集団「中国紅客連盟」が、満州事変の発端となった柳条湖事件記念日である明日9月18日に日本の中央省庁や金融機関、電力会社、報道機関など100団体以上にサイバー攻撃を仕掛けることを宣言しました。サイト上で防衛省を狙ったDDoS攻撃(強調分散型DoS攻撃)が行えるプログラムを公開し、操作方法を動画でも配信しているとのことです。…

「レジに並ぶ」という考えが昔話になる。スマートデバイスで実現する新時代の消費者行動。

「レジに並ぶ」という考えが昔話になる時代がやってくる。という面白い記事を見ました。
 http://markezine.jp/article/detail/16338

8月1日、IBMと東芝テックは、IBMのリテール・ストア・ソリューション(RSS)事業を東芝テックへ売却する手続きが完了したことを発表しました。創業から100年以上に渡り、常に時代の流れとともに変化してきたIBM。もともとはハード事業が主体で始まった同社ですが、近年ではそのハード事業を次々と他社へ売却し、サービスを主体と’したソフト事業へ転換を図っています。東芝テックへ買収したPOS事業ですが、それは、将来的にPOSビジネスが衰退していくということではなく、時代とともに未来の小売業のモデルに適応した形で変化していくことを意味しています。

マンハッタン検察局、サイバー犯罪専門研究所建設を発表!

security

ハイテク機器を駆使した個人情報の盗難や詐欺行為といったハッキング手口が近年ますます巧妙化しています。世界経済の要であるニューヨーク・マンハッタンでは毎月約200件~300件の個人情報盗難被害が報告されているとマンハッタン地区検察局は発表しています。また、2010年~11年で犯罪に使われたコンピューターの数は前年の3倍にもの上り、急速な勢いで進むネット社会が生んだ新たな犯罪として当局も対策を迫られています。

そのような時代の流れを受け、2013年末完成目処でマンハッタン地区検察局内にサイバー犯罪専門研究所を設立することが発表されました。建設費約420万ドルをかけ、コンピューター科学犯罪専門家、検察官、分析官、捜査官を含む約50人が配置される予定です。(Dayly Sun New York, 2012年8月18・19日号より抜粋)

企業概況ニュース8月号で電子書籍をご紹介いただきました

ニューヨークを始め、全米で日系企業のビジネス動向を配信しているUJP社発行の『企業概況ニュース 8月号』に弊社初の電子書籍『WORDPRESS セキュリティ対策 基本マニュアル』発売が掲載されました。

電子書籍ですので、シッピングコストなくオンラインですぐにご購入・ご覧いただけます。

本書の特徴は・・・・

1)専門的だから、また自分のWebサイトが狙われるわけがないから・・・と後回しにしがちなセキュリティ対策を、読者様ご自身で行えるようやさしく解説。

2)専用プラグインの紹介だけでなく、その動作方法、効果を初心者の方にも分かりやすく説明し、DIYでセキュリティ対策が行える。…

無料試し読み!『WORDPRESSセキュリティ対策基本マニュアル』

先週より発売しております電子書籍『WORDPRESS セキュリティ対策 基本マニュアル』。 電子書籍の執筆、出版は初の試みで、商品の需要があるのかと発売開始前は不安も大きかったのですが、 お蔭様で、販売開始から数日ですが順調に日々販売件数を伸ばしております。 お買い上げ頂いた皆様、誠に有難う御座います。 また、当サイトへたどり着いて頂いた皆様、本書にご興味をもっていただき誠に有難う御座います。 ただ、やはりまだまだ紙の書籍に比べて電子書籍は馴染みがなかったり、 あるいは内容が専門的すぎて難しく自分では行えないのではないかと、 今一歩踏み切れずにいる方も多いのではないでしょうか。 そこで、本日から当サイト内で商品の中身を一部公開致しました! 下記、「書籍ページ」内で【無料お試し読みPDFファイル】ボタンをクリックすることで、 詳細な目次と内容の一部がご覧いただけます。 ■「書籍ページ」 まずは無料お試し版にてお楽しみください。

電子書籍『WORDPRESS セキュリティ対策 基本マニュアル』発売

弊社で執筆・編集致しました、 電子書籍『WORDPRESS セキュリティ対策 基本マニュアル』/Lotus Web Studios 著 が発売となりました! 約70%のWebサイトがハッキング、マルウェア等の脅威にさらされていると言われています。現在世界トップシェアを誇るCMS「WordPress」では、オープンソースであるからこそ普及率も高く、ユーザーや開発者の間で関連する多くの情報が手に入り易いことから、その脆弱性を狙った悪質な攻撃のターゲットとなりやすい、といった側面もあります。弊社でも最近では、納品後のお客様側でのコンテンツ運営の行いやすさから多くのWordPRess導入実績があり、ご好評いただいていますが、実際多くの企業様はその後のセキュリティ対策やメンテナンスまでは予算が回らない・・・というのが現状です。 そこで、我々はそのような中小企業のWeb担当者様に向けて本書の執筆に取り掛かりました。 本書でご紹介するセキュリティ対策は、いずれもWordPress初心者の方にも取り組んでいただき易く、かつ重要度の高いものとなっています。最低限行っていただきたい基本のセキュリティ対策方法を、専用プラグインの導入・設定方法やソースコードを操作する手順を追ってご紹介しています。 もちろん、セキュリティ対策に万全というものはなく、本書の対策を施せば100%安全を保証するものではありません。日々技術が進歩するように、ハッカーたちもまた、手を変え品を変えあなたの大切なWebサイトに攻撃を仕掛けてきます。しかし、今すぐ行える最低限の防御策も施さず、Webサイトが乗っ取られるようなことになれば、Web担当者としての責任を問われるだけでなく、そこから情報漏えいといった事態に発展すれば企業としての社会的信用を失うことになります。 そのような最悪の事態を防ぐために、まずは本書をご活用ください。 ◆ご購入方法 現時点では、当サイト内【書籍ページ】よりPaypalをご利用の上ご購入いただけます。詳細は【書籍ページ】をご覧ください。 また、多種多様なデジタルコンテンツを取り扱う「DL-MARKET」でもEPUB形式とPDF形式でご購入いただけます。※お使いのPCが英語環境となっている場合には正しく表示されない場合がございます。上部言語メニューから「日本語」に設定してご覧いただくと、正常に表示されます。 WORDPRESS セキュリティ対策 基本マニュアル(EPUB版)/Lotus Web Studios著 1,575円(税込) WORDPRESS セキュリティ対策 基本マニュアル(PDF版)/Lotus Web Studios著 1,575円(税込) 商品ページから中身の試し読みもしていただけます。 また、本書の専用サポートサイトもご用意していますので、ご購入後のアフターフォローにもご満足いただけるはずです。 ●「WORDPRESS  セキュリティ対策 基本マニュアル」サポートサイト http://wordpressmall.com/answer/security/ セキュリティ対策の重要性を再認識していただく機会になればと願っています。 【書籍ページ】 http://lotusws.com/?page_id=3215