このアーカイブは ‘経営の「体」’ のカテゴリーです。

質は量の中に紛れ込む

兎に角撮れ 目に映る物全てにシャッターを切れ ストリートスナップにおいては膨大な量を撮ることによって質が生まれ また自分自身においても撮りたい物が見えてくる 写真家 森山大道の名言である『量のない質はない』 この言葉は全ての事柄に当てはまると思います。 何事も最初から完璧なものが作れるわけではありません。 何度も挑戦し、少しずつ修正を加えていく。そうすることで質の高い作品が生まれてきます。