このアーカイブは ‘SEO/SEM’ のカテゴリーです。

Google Analyticsの基本用語を理解する

Google Analyticsがとっつきにくいと感じてしまう一つの原因は、そこに登場する専門用語の数々ではないでしょうか。そこで、今回はレポート解析の基本を理解するために、主要な用語説明をします。 (ユニーク)ユーザーとは・・・ 集計期間内にWebサイト、またはWebサイト内の特定ページを訪問した人の数を表します。同じWebサイト(またはページ)を同じ人が2回以上訪れた場合はユーザー数にはカウントされません。Cookie やIPアドレスなどの情報をもとにユーザーを特定しカウントしています。同じユーザーが複数回同じページを訪れた場合に訪れた回数分だけカウントされるページビューとは異なり、インターネットユーザーの中にそのサイトに興味を示している人がどの程度いるのかを知る手がかりになります。 セッションとは・・・ ウェブサイトに訪れたユーザーが、サイト内で行なった一連の流れをセッションと言います。例えば、朝一番に検索エンジン経由からサイトを訪れて、数ページを見回して、興味をもったのでブックマークをしてブラウザを閉じたという一連の流れ。これが1セッションです。そして数時間後にもう一度、今度はブックマークを経由してサイトに訪れて、問合せをし、目的を果たしてブラウザを閉じた。これで同一人物による2セッション目が完了した、ということになります。訪問者個人を数えるユーザー数とはちがい、セッション数は延訪問回数を数えると覚えましょう。 ※ちなみにGoogle Analyticsではこのセッションの有効タイムは30分と設定されています。 ページを開いたまま30分以上経過・・・セッション終了(セッション数:1) 別のサイトに移動後、30分以内に、戻ってきた場合・・・セッション継続(セッション数:1) 別のサイトに、移動後、30分以上経過後、戻ってきた場合・・・セッション数:2 ページビューとは・・・ ページビューとはサイトで閲覧されたページの合計数を指します。 トップページ→Productsページ→About Usページ→トップページ→Productsページ、と一人のユーザーが閲覧した場合、ページビュー(PV)は5ページになります。このように、同じページを何回か見た場合もカウントされます。Webサイトを訪問した人は、サイト内の複数のページを閲覧することが多いので、通常はページビュー数はユーザー数より多くなります。 直帰率とは・・・ サイトに訪れた人が、最初に訪れた1ページを閲覧後、他のページを見ずにサイトから離脱してしまうことを直帰と言います。直帰率が高いということは、訪問してはみたものの、興味が沸かずにすぐ帰ってしまったユーザーや、そもそも関係のないキーワードで来たというユーザーが多く、効果的に商品やサービスの魅力を伝えきれていない可能性があります。特に、一時的なキャンペーンやPPC広告など広告宣伝費用をかけて獲得した訪問者の直帰率を把握することは、広告の費用対効果をみるヒントとなるため、必ずチェックしたい項目です。ただし、注意したい点は、直帰率には訪問者がその1ページを見ただけで欲求を満たすことが出来た場合も含まれる点です。サイトやページの中身を踏まえた上で訪問者の行動を推測することが重要です。一般的に、トップページの直帰率は40%以下に抑えたいなどといわれています。直帰率とページ評価を分析するには、まずページ別の直帰率と直帰数をあわせて確認し、課題ページを把握します。そのページのリンク元URLや検索キーワードからそこを訪れたユーザーの特性を把握することも重要です。そして、それらのキーワードやリンク先から興味を持ってWebサイトを訪れたユーザーに対して、彼らが興味をそそられる情報を最初に訪問したページで十分に提供していなければ、他のページを探るまでもなく、離脱されることでしょう。ユーザー背景を知り、彼らが知りたい情報とあなたが伝えたい情報が1ページに集約できない場合には、ユーザー行動の流れを設計し、適切にリンクを配置することで、直帰率は改善していきます。   平均サイト滞在時間とは・・・ 1セッションあたりでどの程度の時間サイトに滞在したかという数値指標です。ちなみにサイト滞在時間は直帰したセッションについては計測出来ないので0秒という数値になります。そのため、この数字も正確な時間ではなく、あくまで数値指標としてください。   新規セッション率とは・・・ 新規セッション率は、集計期間内の総セッションの中で、サイトに初めて訪問したユーザー(ユニークユーザー)の割合を表しています。新規セッション率が高いということは、ユーザーがあなたのWebサイトを知る機会が多いということを示し、SEOが成功しているといえます。しかし、見方を変えれば、一度限りの訪問者が多く、リピーターが少ないということになりますので、企業の提供するサービスや商品特性によって新規セッション率の判断は変わってきます。   以上、今回はGoogle analyticsのレポートを理解するうえで理解必須の専門用語「基本のキ」を解説しました。言葉の定義を正確に理解することで、現状Webサイトの課題を洗い出すことができます。ただし、これら用語で表される数値の正確性は曖昧な部分も多く、あくまで一つの指標と捉えて利用してください。    

これだけは行うべきGoogle Analytics初期設定

前回のブログではGoogle Analyticsの導入方法をご紹介しました。 アナリティクスは非常に優秀な分析ツールでありますが、それゆえに初心者ではわかりづらい部分もあります。 今回は、正確なアクセス解析結果を算出する方法とレポートを見やすくカスタマイズする方法をご紹介します。 いずれの作業も、まずはGoogle Analyticsにログインした状態で行います。 【自分の IPアドレスをレポートから除外する】 デフォルト設定では、Analyticsで抽出されるレポートにはサイト管理者(サイト運営会社/制作会社)からのアクセスも解析対象として含まれています。これを、より厳密な解析結果にするために、まずは IP Adressと呼ばれる自分自身のPCネットワーク特有のIPアドレスをフィルタにかけ、レポート対象から除外する処理を行います。 1)自分のIPアドレスを調べる http://www.myglobalip.com/ また、社内ネットワークのIPアドレスもカウントされてしまうため、調べて除外処理をしましょう。 2)フィルタ機能で特定のIPアドレスからのアクセスレポートを除外します。 画面右上のアカウント管理画面から、[フィルタ]をクリックし、新しいフィルタを追加します。 適当なフィルタ名を入力します。規定のフィルタ、除外、IPアドレスからのトラフィック、等しいを選択して、IPアドレス欄に除外したいIPアドレスを入力して保存します。   【デフォルトページの設定】 Webサイトのトップページは通常、http://www.xxx.jp/とhttp://www.xxx.jp/index.htmlのどちらでもアクセスできるはずですが、URLの表現がこのように2種類あることによって、これらが別のページという扱いになり、合算してトラッキングされないことになります。そこで、デフォルトページとしてindex.htmlを登録しておくことにより、合算したレポート表示がされます。 1)画面右上のアカウント管理画面から、[プロファイル設定]をクリックします。 任意のプロファイル名や対象となるURL、その他情報を選択・入力します。 2)デフォルトのページ欄に「 index.html」と入力して完了です。     【抽出期間の設定】 1)画面右上にある期間の欄をクリックし、レポート抽出をしたい期間を入力します。カレンダーをクリックして指定することも可能です。 2)「過去と比較」にチェックをいれることで、過去の同期間のレポートと対比させて表示することができます。     【マイレポートのカスタマイズ】 サイトの状況分析をより効率的に行う為に、確認頻度の高い分析項目をマイレポートに追加していきましょう。 1)[Home]をクリックして 「マイレポート」画面を表示します。 現在のマイレポート画面では「検索キーワード」は表示されていません。   ここに、「検索キーワード」の上位検索ワードを表示させます。 2)[標準レポート]をクリックし左枠のメニューから「トラフィック」→「検索」→「オーガニック検索」をクリックします。 3)表示された「オーガニック検索トラフィック」の画面から「マイレポートに追加」をクリックします。表形式を選択し追加ボタンをクリック。 4)自動的に「マイレポート」画面に切り替わり、先ほど追加した項目が加わっていることが確認できます。あとは、見やすいように表をドラッグし、表示位置をカスタマイズさせて、作業は完了です。   同様に、毎回チェックする主要項目についてはマイレポートに追加し、より効率的な分析が行えるよう体裁を整えていきましょう。    

Google Analyticsの導入

Google Analytics は、無料とは思えないほど便利な機能が詰まったアクセス解析ツールです。サイトへのアクセス数をカウントするだけでなく、サイトの入口となっているページの把握や、どのようなキーワードを使ってユーザーが検索エンジンからサイトに訪れているのか、また各ページの平均閲覧時間なども確認することができます。解析結果は、日ごろのWebサイト戦略を練るためあるいは状況把握のほか、効果測定がしにくい一時的なキャンペーンなどプロモーションの結果を計る一つの指標にもなります。今回は、そんなWebマーケティングにはなくてはならないGoogle Analyticsの導入方法をご説明します。 【Google アカウントの取得】 Google Analyticsを利用するためには、Googleのアカウントを取得する必要があります。 まずはhttps://www.google.com/accounts/ManageAccountにアクセスし、Googleのアカウント画面が表示されますので、「アカウントを作成」をクリックします。 「Googleアカウント作成画面」が表示されますので、 自分の名前を入力する。 設定したい自分のメールアドレスを入力する。 希望するパスワードを入力する。 もう一度希望するパスワードを入力する。 生年月日を入力する。 性別を入力する。 携帯電話番号を入力する。(任意) ※電話番号を登録しておくことにより、例えばパスワードを忘れた際にアカウントへアクセスするための情報を携帯電話のテキストメッセージで受け取ることができるなど、セキュリティ維持に効果的です。 別のメールアドレスを入力する。(任意) ※他のメールアドレスを登録しておくことにより、例えば通常とは異なるアクティビティの検出がされた場合に警告を受け取ることができるなど、セキュリティ維持に効果的です。 「ロボットによる登録でないことの証明」で表示されている画像の通り文字入力をする。 国を選択する。 利用規約を確認しチェックボックスにチェックをいれる。 「次のステップ」をクリックする。 続いて、プロフィール画面の登録を済ませ、「次のステップ」をクリックするとアカウント登録が完了する。 上記Googleアカウント登録後、Google Analyticsの申し込みが可能になります。   続いて、Google Analyticsの申込方法を説明します。 【Google Analyticsの申込】 http://www.google.co.jp/analytics/にアクセスし、「今すぐお申し込み」をクリックします。 前もって作成していた「Googleアカウント」でログインします。 ログインできたら、「Start」画面が表示されますから、[Sign Up]をクリックします。 すると、「Create New Account」の画面が表示されます。 「General Information」の項目で 自分に分かりやすいアカウント名を自由に入力します。 解析したいサイトのURLを入力します。 国を選択します。 「User Agreement」の項目で日本語を選択し利用規約を確認した後、 「Yes, I agree to the above terms and conditions」をクリックしてチェックマークをつけます。…

ワンクリックで$51.66㌦

ウエブサイトを作ればいいという時代は終わったと思う。 つまりウエブサイトを立ち上げる事が目的化してしまっているプロジェクトは意味をなさないかもしれない。勿論、無いにこしたことはないが、立ち上げてもあまりアクセスはないと思う。 Adwordsのキーワード単価も高くなってきている感があるが、それもアクセスを集めるための手段として仕方がないかもしれない。 1. Conference calling companies – $51.66 CPC 2. Purchase structured settlements – $51.48 3. Home owner secured loan – $50.36 4. Mesothelioma patient – $50.23 5. Austin texas dwi lawyer – $50.03

検索エンジンサイト~Technorati(テクノラティ)~

みなさんは検索エンジンサイト何をお使いですか?日本だとやはりYahoo! Japanが簡素な画面構想と質の高いディレクトリで人気を集めていますが、こちらに在住の日本人だとGoogleをトップページに登録している人が多いような気がします。その他にも、MSN、ライブドア、infoseek、gooなどなどいろいろありますがそれぞれ特徴があります。 今回ご紹介するのはTechnorati(テクノラティ)。こちら、ブログを検索対象とするブログ検索エンジンです。もともと2003年にサンフランシスコにて設立された会社なのですが、日本法人もありテクノラティジャパンサイトで日本語でもブログ検索ができます。 テクノラティのデータによると、一日に7万5000個の新しいブログが生まれ、ブロガーは定期的にブログを更新するため、一日に120万個の記事がかかれており、これを一時間当たりに換算するとなんと5万個のブログが更新されていることになります。すごい数ですね・・。 ブログのよいところは、不特定多数の人が簡単に自分の考えを公開することができ、またそれにコメントを付けることが出来ることです。ブログは生身の会話に近い自由な表現をアクティブに外に発信することができ、これを口コミデータとしてマーケティングツールに活用している実例は少なくありません。 ブログ利用者が今後増えてくるに伴いTechnoratiで情報検索する人も増えてくることかと思います。知らなかった人は一度チェックしてみてください♪ Technorati Japan http://www.technorati.jp/

チャンスは10秒。

消費者の71%はウエブサイトを検索する際に、検索エンジンを利用しており、さらにその中の62%のユーザーがファーストページのみからの検索をしている、という大変興味深いデータがあります。(iPropset Search Engine User Behavior調べ) 検索エンジン経由のユーザーを取り込みたい場合検索エンジン上位表示は完全必須になってきます。 自社の商品やサービスを定義できるようなキーワードを選択し、首尾よく検索エンジンで上位表示を果たせたとしましょう。当然のことながらそこには競合他社のサイトも並ぶことになるわけですが、この時ユーザーがどのように行動するのか考えてみましょう。 まず、ユーザーがクリックするのは上位10件まで、多めに考えても15件だと考えればいいのではないでしょうか。ユーザーはこれらのサイトの中からもっとも自分のニーズあったサイトを絞り込みます。この時自社サイトに与えられるのは10秒程度と考えた方が良いでしょう。 では10秒でユーザーは何を汲み取るのか? 基本的にはトップページが放つ第一印象が全てだといっても過言ではありません。仮に内容が如何に充実しているサイトであってもトップページのプレゼンテーションがお粗末では話になりません。ユーザーがトップページを訪れた際に「よし、このサイトだ!」と思ってもらう必要があります。 その様な状況を生み出すためには、デザインが重要となってきます。ウエブに於けるデザインは単に美しい、あるいはかっこいいだけでは不十分であり、ユーザーが持っているあやふやなニーズや期待感を視覚的に的確に表現できていなければならないのであります。そして、ユーザーがリンクをクリックしページをランダムに閲覧する中にも、顧客満足を与えるようなストーリーがあり、最終的に御社が目標としなければならないアクションまで「高品質な体験」を提供しなければならないのであります。 欲を言うならば御社のサイトは全ての面で競合に勝り、なおかつ競合が手を付けていないユニークなサービスを提供する必要があります。そうすれば、一度御社のサイトを訪れたユーザーは他のサイトを訪れる理由を見つけられなくなることでしょう。 ウエブの世界ではトップ企業が一人勝ちする状況が見受けられますが、御社が目指すべきはまさしくトップ企業であります。トップ企業と言ってもその業界全体のトップになれと言っているのでありません。 例えば「不動産」業界でトップ企業になるには夢のような話になるかもしれないが、「ニューヨークの不動産」業界に絞れば競争相手は十社程しかいません。更に絞り込んで「マンハッタンのアパート」や「マンハッタンの家具付き短期格安アパート」にすれば誰にでもその分野でトップになれる可能性がでてくるはずです。場合によっては新しいカテゴリーを作り出しても問題ない事であるかと思われます。ここまで自社の事業ドメインを絞り込むと「顧客」が見えてくるはずです。 10秒という限られた時間。 その10秒の間にどのようにユーザーに魅力的なサイトであるということをアピールできるかが勝負の要になることでしょう。