このアーカイブは ‘テクノロジー’ のカテゴリーです。

World Wide Webって何ですか?

World Wide Web in Plain English

5分で解るインターネット(動画)

私たちは毎日インターネットを使っていますが、インターネットがどのように動いているのか解っている人はたったの5%だそうです。 クライアントPC、IP アドレス、ラウター、ISP、パケット、サーバーについて一応解るようになります。 How the Internet Works in 5 Minutes    

【動画】2015年のインターネットはどうなりそうか?

2015年に20家庭で使われるインターネットのトラフィックは1995年の全世界のインターネットトラフィックに匹敵するそうです。本当でしょうか?疑ってしまいますが、いずれにせよ別次元になっていることは確かかもしれません。

複数アカウントを統合管理してくれる便利なTwitterクライアント「Splitweet」

Twitterをより効率よく活用する方法をご紹介します。 最近ではFacebookの勢いにやや押され気味なTwitterですが、その手軽さとタイムリーさからか、やはり未だビジネスの世界ではTwitterを情報配信ツールとして使われている企業は多いようです。 複数のブランドを経営されていたり、あるいは個人アカウントと法人用アカウントを両方もっているような経営者様の場合には、複数のTwitterアカウントを管理することになります。 その際に出てくる問題点として、毎度のログイン・ログアウト作業の手間がかかる、あるいはアカウント数が多ければ多いほど、どこに何をつぶやいたのか把握できなくなるといった面倒な事態にもなりかねません。 そこで今回ご紹介するのは、そのような問題を解決してくれる便利なTwitterクライアントhttp://splitweet.com/です。 ◆Splitweet http://splitweet.com/ ▼SplitweetのUI 【主な機能】 ① 複数のアカウントのツイート状況、フォロワー/フォロー動向を1つの画面で統合管理できる。(統合タイムライン) ②Splitweet上で入力したツイートの投稿先アカウントを選び、複数同時配信することができる。(全てのアカウントに配信することも、どれかを選択することも可能) ③ 各アカウントが色分けされており、どのアカウントで何がつぶやかれているのか把握できる。 ④「Your brands’ mentions」のコーナーでは、今気になっているキーワードを登録しておくことで、そのキーワード該当するツイートが表示され、どれほど話題になっているかを把握できる。 (ただし、複数のキーワードをここへ登録した場合、キーワードごとに表示されるわけではなく、一覧に羅列されるだけなので要注意。)   【利用方法】 ①まずはサインアップ画面から新規ユーザー登録を行います。※Twitterのユーザー登録とは無関係です。登録はメールアドレスと任意のパスワードさえあれば行えます。 ②登録したメールアドレスに後ほどメールが届くので、そこに記載されたURLへアクセスします。 ③ログインした画面の左上にある「Twitter Account」をクリックし、Add a new accountの「Authorize」ボタンをクリックし、お使いのTwitterアカウントを全て登録していきます。 ④タイムライン上部にある「Show more account」や「Showing」の欄で タイムライン上に表示させるアカウントの選択、追加が行えます。 ⑤「What’s are you doing?」の下にある投稿ボックスにつぶやきたい内容を入力し、ボックスの右側に表示されているアカウント名のチェックボックスでどのアカウントにツイートを反映させるかを選びます。 ⑥ツイート内容と反映させるアカウントの選択ができたら、「Tweet it!」ボタンをクリックします。これで、投稿完了です。 ⑤その後下にあるタイムライン上に先ほど投稿した内容が各アカウントごとに反映されます。右側に表示されている各色の●が各アカウントを表しているため、どのアカウントで何がつぶやかれているのか一目瞭然です。 ⑥「Your brands’ mentions」の機能をお使いになる場合には、「Brand Mentions」のボタンをクリックし、キーワード登録をすることで作動します。   http://splitweet.com/は無料ツールですので、複数のTwitterアカウントをお持ちの方はまず一度お試しいただく価値があるかと思います。 その他にも、複数のアカウントを管理する為のTwitterクライアントが多数あります。 有名どころを一部紹介・・・ TweetDeck http://www.tweetdeck.com/ Crowy http://www.crowy.net Hootsuite http://www.hootsuite.com これらはGoogle Web Storeで詳細が載っています。…

Answer Script まとめ

Yahoo Answer (ヤフー知恵袋)みたいなサイトを作りたい方に。色々なScriptのデモURLを用意させて頂きました。 http://templatic.com/demos/answers/ http://demo.answerquestionscript.com/ http://anova.demo.agriya.com/anova_pro_demo/answers/index.php http://wp-answers.com/demo http://demo.answerscript.com/ http://wordpressqa.com/instant-qa/ 他にもWordPressのPluginでAnswer機能を備えたものがありますのでいろいろと試してみてください。

Twitter Web Intents Sample

[blackbirdpie id="21231113625"] RetweetRetweetFavorite

Simple is Better 5つの人気サイト考察 ~ユーザー登録機能~

最近の人気のサイトに見られる共通する要素として、絞り込まれた機能、考えぬかれたユーザビリテイー、スマートフォン対応、多言語、ソーシャルネットワーキングと招待機能等を挙げることができる。   そこで、今回はあらゆるWebサービスの入り口とも言える「ユーザー登録とログイン機能」について考察してみました。 「ユーザー登録とログイン機能」はあらゆるWebサービスの必須アイテムとなっていますが、この登録作業を面倒だと感じた方も多いのではないでしょうか? ここでは人気サイトがどのようにユーザー登録とサービスのフローを作っているか実例を御覧頂きます。   1. Twitter Twitterはさすがにシンプル。しかしながらしっかりとした作り込みが成されており完成度が高い。 例えば、テキストフィールドにカーソルを合わせたときの説明文や、ユーザーネーム等の重複防止、入力情報に問題がなかった場合の”OK”サイン等、技術的にはAJAXを使用したインターラクテイブな仕組みが随所に見られる。         2. Facebook         3.Youtube       4.Flickr               5.Groupon Grouponのユーザー登録は以下の5項目から成り立っています。いたってシンプルですね。 それと、注目すべきはFacebookとの連動です。CONNECTしてみましたがうまく動作していませんでしたこれはNGですね。  

Ajax+jQuery開発

昨年、某医療機器会社に導入したCRMに更なる操作性を向上を計りAjax+jQueryを使ったオリジナルのインターフェイスを開発させて頂きました。その際に採用したライブラリーがEXTです。ここにサンプルがありますのでリッチ・インターフェイスの開発にご興味のある方は覗いてみてください。 http://lotusws.net/ext/examples/samples.html ******************* Ajax(エイジャックス、アジャックス、アヤックス)は、ウェブブラウザ内で非同期通信とインターフェイスの構築などを行う技術の総称。XMLHttpRequest(HTTP通信を行うためのJavaScript組み込みクラス)による非同期通信を利用し、通信結果に応じてダイナミックHTMLで動的にページの一部を書き換えるというアプローチを取る。 AjaxはAsynchronous JavaScript + XML の略で、2005年2月18日に米国のインフォメーションアーキテクトであるJesse James Garrett氏により名付けられた。

ウイルス、マルウェア対処法

【はじめに】 先月、取引先のサイトがウイルス(Malware)の被害に遭った。突然現れるWarningのメッセージは結構インパクトがあり、当然のことながら緊急対処を迫られる。 因みにこのメッセージはブラウザーによって表示されたりされなかったりするのだが、今回はウイルス被害者の方々の参考になるように修理方法や対処方法などを解説してみたい。 マルウェア (Malware) とは、不正かつ有害な動作を行う意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称である。マルウェアには、様々な脅威が含まれる。マルウェアの例としては、ウイルス、バックドア、キーロガー、トロイの木馬、WordやExcelのマクロウイルス、ブートセクタウイルス、スクリプトウイルス (BAT、Windowsシェル、JavaScriptなど)、クライムウェア、スケアウェア、スパイウェア、悪質なhttp://ja.wikipedia.org/wiki/マルウェア[1]、ミスリーディングアプリケーションなどがある[2][3][4][5]。日本では、「悪意のある不正ソフトウェア」または「不正プログラム」とも呼ばれる[6]。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』http://ja.wikipedia.org/wiki/マルウェア   1.先ずは全てのファイルをサーバーからダウンロードし取り去る*1。 ダウンロードする際には作業時間を短縮するためにいらないファイルは消してしまおう。 *1 私は public_html を public_html_infected という風にフォルダーごとアクセスできないようにした。そして、新しくpublic_htmlフォルダーを作り Under Maintenanceのページを置くことにした。そうすることによってGoogle側への報告が早く又確実なものになるからである。先ずはWarningメッセージを取り去ることが第一、サイトの修復はその後で良い。 public_html_infected をフォルダーごとダウンロードはじめよう。ダウンロードしている間に次の作業に移る。 2.Warningメッセージを取り去る為にはGoogleにコードリビューをお願いしなければならない。それにはGoogle Webmaster tools にアカウントを作る必要がある。 又、Verification用のファイル又はコードをサーバーにUPする必要がある。ウイルスが検出されなければ上記の赤い画面は表示されなくなる。 これでホッと一息つける。 https://www.google.com/webmasters/tools https://www.google.com/webmasters/tools/reconsideration こんな感じのメッセージを送った。 I have removed all files from my server except fresh “Under Maintenance” index.html page. please review my site.   3.さてダウンロードしたサイトのコードを調べる。 私の場合はDreamweaverのFind and Replace機能を使って怪しいコードを検索した。 4.以下がいわゆる…

phpMyAdminを使った一括変換

Find and Replace Using phpMyAdmin Websiteの移行には画像やページのリンク切れなどが生じるがHTMLの場合はDreamweaverを使って修正(一括変換)をかけるのが常套手段だがWordpress等データベースを使ったアプリケーションの場合はどのようにして一括変換を行えばいいのか?ページ毎、画像毎に手作業で修正を施すことも経験のうちだが、ここではphpMyAdminを使った一括変換方法をご紹介する。   仕組みは至って簡単だが、一括変換は失敗すると厄介なので作業前にバックアップファイルは取っておこう。 以下のスクリーンショットにあるようにSQLのタブに以下のコマンドを打ち込み実行すればOKだ。今回は絶対パスで指定されていた画像のパスを相対パスに一括変換してみた。こうすることによって再びサイトを移行してもリンク切れが生じることはない。 赤文字部分がもともと入っていたコード、それを青文字に書き換えるということであり、緑色の部分は一括変換をかけるTable とFieldをそれぞれ指定している。update wp_posts set post_content = replace(post_content,’http://sdtsol.com/connect/sdtcnt/‘,‘wp-content/‘)UPDATE cscart_product_descriptions SET product = replace(product,”®”,”®”)

異なるデータの比較方法

業務の全てが1本のシステムで完結している。これはいわば理想的なITの姿だと思う。 現実的には在庫管理のシステム、顧客管理システム、売り上げ管理システム、会計システム、社内情報共有システムなどいくつものシステムが社内に存在し、経営者やIT担当者を悩ませているのではないだろうか? 中でも会計システムは企業システムの中核にあり、他はアナログでもこればかりはシステム化されている必要がある。 米国では会計士がQuickbooksを使うことが多いので、企業の会計担当者もQuickbooksを使わざるを得ない状況だと思う。 さて、複数のシステムを同時進行的に使うと必ず生じるのが人的入力ミスなどによるデータの不整合という事態である。「数字が合わない・・・」そういった問題解決に多くの時間を費やされた経験は誰にでもあるはずだ。 そこで、今回は複数のデータをソフトを使って比較する方法をご紹介させていただく。以下のスクリーンショットはQuickbooksからExcel にExportしたデータを比較してみた。最終的にどういったデータのフォーマットで比較すべきかは状況によって判断する必要があるが、データのExportフォーマットとしては、CSVやExcelといったものが現時点では標準的なものなので汎用性はあると考えられる。 作業手順 1.QuickbooksからデータをExportする。ここではリポート機能からのExportを紹介させていただくが、詳細はこちらのURLでご覧頂きたい。 2. Exportしたデータをローカルに保存。わざと数字を操作し2つのExcelファイルを作った。ここでExcelを比較するソフトを立ち上げる。今回使ったのは”Excel Compare”というソフト。以下の画像にあるようにExcelを2つ読み込むようになっている。 3. こちらが実行結果。数字の違いが異なる色で表示されるので非常に解りやすい。わざと操作した数字もちゃんと探し当てていた。 4.拡大図。グリーンが1つ目のファイル。ブルーが2つ目のファイル。 あとがき 2年ほど前のこと、某大手金融機関のシステムコンサルをさせていただいた事があった。米国内に複数のオフィスをもつその銀行は各拠点からあつめた数値の確認作業に毎月一週間という時間を費やしてチェックをされておられた。その時は複数拠点をシームレスに結ぶWebアプリの開発がメインの業務であり、データの比較機能もシステム内に実装するという提案をさせて頂いた。大きな開発であればそういった機能をシステム間に実装することが可能であるが、そこまでする必要が無い場合はこういったソフトの使用をお奨めする。100件程度のデータであればExcelを人間の目で比較することも悪くは無いが、数百件、数千件のデータの比較になった場合大きな作業効率に繋がると思う。 因みにFile Compare機能を提供するソフトは用途に合わせて様々なタイプのものがある。私は他にプログラムのコードやSQLデータを比較するものを業務に使っている。勿論単なるTextの比較も出来るので何度もリバイスを繰り返す契約書などの変更箇所チェックにも使えるはずである。

Google、Mixi、モバゲーのサーバー台数

Google は100万台のサーバーを使っているようですね。因みにMixiやモバゲー等日本の超人気サイトのサーバー数は1000台超ぐらいでLAMPを使った超分散システムになっているようです。モバゲーの場合は1000台のサーバー管理を6人でやっているそうです。1日3交代だとすると常時2人がサーバーに張り付いていることになりますね。 http://www.pandia.com/sew/481-gartner.html http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/0709/12/news01.html http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/0906/30/news02.html

今さら聞けないブログ用語 パート2 「トラックバック」

ブログの特徴的な機能で、あるブログ記事内で、別のブログにリンクを張った際、リンク先の相手に対してリンクを張ったことを通知する仕組みのことです。 通常、自分のホームページでリンクを作るときは、自分のページから相手のページへとリンクが張られます。これとは逆の方向、つまり相手のページから自分のページへのリンクを作るということです。トラックバックの送信、受信にはそれぞれトラックバックに対応したシステムが必要ですが、ほとんどのブログサイトは実装しています。このトラックバック機能により、ブログからブログ、様々な人の意見、知識が繋がっていき情報の共有ができるというわけです。 コメント機能のように、ブログ読者が言葉を記入するといったアクションを行うものではないために、あまり馴染みがない言葉かもしれませんが、この機能はブログを楽しむためにも知っておいてもいいかもしれませんね。

ブログって?いまさら聞けないブログ用語

日本では当初ブログという言葉はなじみが薄かったものですが、2ちゃんねるなどのコミュニケーションサイトが浸透してきたことで2002年より急速に広まったとされるいます。 いまやブログは著名人ブログの記事がニュースになったり、企業社長ブログの浸透、そのブログ機能を生かしたビジネスブログの人気などで着実に普及しています。IT関係のなかでもブログは比較的個人レベルで触れることが多い為、身近に感じている人は多いのではないでしょうか。そこで今日は知っているようで実は知らない、今更聞きにくいブログ用語をこっそりお教えしたいと思います。今回はまずRSSについて。 RSS RSSとはRich Site summaryまたはRDF Site Summaryの略でウエブページのメタデータと呼ばれるものです。・・・・。よく分からないですよね、何かものを調べようとしてインターネット検索をした際に、このような文章がはじめにでてくると、それ以降読む気を失います。ということで、なるべく分かりやすい言葉で説明したいと思います! RSSとは、ブログなどのコンテンツが更新された際、その更新内容を配信するために用いられるXMLフォーマットの総称をいいます。このRSSをRSS読み込みに対応したRSSリーダーと呼ばれるソフトウエアで読み込むことで、ブログの更新とその内容を簡単に受け取る事が可能になるなど、利便性が向上しました。莫大な数のブログから読みたい記事を見つけることは難しいですが、RSSリーダーを利用することで、記事の見出しと要約、日時などから更新のチェックや検索が手軽に出来るという簡単ツールなのです。専門的なことをいえば、RSSにはいくつかの規格が存在しますが(大きくは3つに分けられる)、より深くお知りになりたい方はwikipediaページまで。

グーグル革命の衝撃

Youtubeからです。フルバージョンもありますのでご覧になりたい方はご一報ください。