ブランディング

ブランドとはその製品や企業に関するあらゆる印象や体験の蓄積を意味します。そしてそれは顧客との信頼関係によってゆっくりと構築されていく無形資産であり、近年益々重要度が認識されつつあります。消費者にとってのブランドの役割と、企業にとってのブランドの役割は以下のようにまとめることができます。

消費者にとってのブランドの役割

  1. 顧客にとって購買の意思決定に至るまでの時間やコストを節減する「識別」の機能
  2. 購買リスクの低減・回避に役立つ「品質保証」の機能
  3. ブランドイメージに自己を重ね合わせ、自己実現や表現の手段とする「意味づけ」の機能

企業にとってのブランドの役割

  1. ブランドの商標権を設定することで競合と差異化できる
  2. 顧客のロイヤルティを得て、安定的な売り上げを確保できる
  3. プロモーションへの依存を減らすと同時に、競合製品に比べてプレミアム(上乗せ)価格を設定できるため、利益率が高まるなどの便益がある