このアーカイブは‘ブログ’タグの記事です。

検索エンジンサイト~Technorati(テクノラティ)~

みなさんは検索エンジンサイト何をお使いですか?日本だとやはりYahoo! Japanが簡素な画面構想と質の高いディレクトリで人気を集めていますが、こちらに在住の日本人だとGoogleをトップページに登録している人が多いような気がします。その他にも、MSN、ライブドア、infoseek、gooなどなどいろいろありますがそれぞれ特徴があります。 今回ご紹介するのはTechnorati(テクノラティ)。こちら、ブログを検索対象とするブログ検索エンジンです。もともと2003年にサンフランシスコにて設立された会社なのですが、日本法人もありテクノラティジャパンサイトで日本語でもブログ検索ができます。 テクノラティのデータによると、一日に7万5000個の新しいブログが生まれ、ブロガーは定期的にブログを更新するため、一日に120万個の記事がかかれており、これを一時間当たりに換算するとなんと5万個のブログが更新されていることになります。すごい数ですね・・。 ブログのよいところは、不特定多数の人が簡単に自分の考えを公開することができ、またそれにコメントを付けることが出来ることです。ブログは生身の会話に近い自由な表現をアクティブに外に発信することができ、これを口コミデータとしてマーケティングツールに活用している実例は少なくありません。 ブログ利用者が今後増えてくるに伴いTechnoratiで情報検索する人も増えてくることかと思います。知らなかった人は一度チェックしてみてください♪ Technorati Japan http://www.technorati.jp/

今さら聞けないブログ用語 パート2 「トラックバック」

ブログの特徴的な機能で、あるブログ記事内で、別のブログにリンクを張った際、リンク先の相手に対してリンクを張ったことを通知する仕組みのことです。 通常、自分のホームページでリンクを作るときは、自分のページから相手のページへとリンクが張られます。これとは逆の方向、つまり相手のページから自分のページへのリンクを作るということです。トラックバックの送信、受信にはそれぞれトラックバックに対応したシステムが必要ですが、ほとんどのブログサイトは実装しています。このトラックバック機能により、ブログからブログ、様々な人の意見、知識が繋がっていき情報の共有ができるというわけです。 コメント機能のように、ブログ読者が言葉を記入するといったアクションを行うものではないために、あまり馴染みがない言葉かもしれませんが、この機能はブログを楽しむためにも知っておいてもいいかもしれませんね。

ブログって?いまさら聞けないブログ用語

日本では当初ブログという言葉はなじみが薄かったものですが、2ちゃんねるなどのコミュニケーションサイトが浸透してきたことで2002年より急速に広まったとされるいます。 いまやブログは著名人ブログの記事がニュースになったり、企業社長ブログの浸透、そのブログ機能を生かしたビジネスブログの人気などで着実に普及しています。IT関係のなかでもブログは比較的個人レベルで触れることが多い為、身近に感じている人は多いのではないでしょうか。そこで今日は知っているようで実は知らない、今更聞きにくいブログ用語をこっそりお教えしたいと思います。今回はまずRSSについて。 RSS RSSとはRich Site summaryまたはRDF Site Summaryの略でウエブページのメタデータと呼ばれるものです。・・・・。よく分からないですよね、何かものを調べようとしてインターネット検索をした際に、このような文章がはじめにでてくると、それ以降読む気を失います。ということで、なるべく分かりやすい言葉で説明したいと思います! RSSとは、ブログなどのコンテンツが更新された際、その更新内容を配信するために用いられるXMLフォーマットの総称をいいます。このRSSをRSS読み込みに対応したRSSリーダーと呼ばれるソフトウエアで読み込むことで、ブログの更新とその内容を簡単に受け取る事が可能になるなど、利便性が向上しました。莫大な数のブログから読みたい記事を見つけることは難しいですが、RSSリーダーを利用することで、記事の見出しと要約、日時などから更新のチェックや検索が手軽に出来るという簡単ツールなのです。専門的なことをいえば、RSSにはいくつかの規格が存在しますが(大きくは3つに分けられる)、より深くお知りになりたい方はwikipediaページまで。

ビジネスブログのメリットとは

第一回目ニュースレターのテーマは「コミュニケーション」でしたが、その中でコミュニケーションツールとして「ビジネスブログ」のメリットと活用法お伝えしました。 ビジネスブログのメリットを「社内の情報共有化」「社員の意識向上」「顧客と企業をつなげる社外向けマーケティングツール」「管理が簡単」「SEO対策」として、記事をお届けしたのですが、今日はその中でも弊社Lotusがどのようにそのメリットを活用しているかを書いてみたいと思います。 弊社のビジネスブログ活用法の中で私が個人的にお薦めするのは「日報」のカテゴリーです。このカテゴリーだけは、パスワードがかかっていて、社員以外には閲覧できないようになっています。この日報がのLotus裏事情を少しだけ公開してみようと思います。 毎日、業務が終了するとこの「日報」を書いて一日の仕事が終わるのですが、これ、付け始めるとなかなかいいものだと実感してきています。はじめは、書くことが思い浮かばず、たった数行書くのにも時間がかかってしまったり、正直面倒くさいと思っていましたが、最近はこれが習慣になってきて特に苦ではなくなってきました。弊社Lotusの日報記入原則として、書く内容は特に決まっておらず、時には業務の報告や相談、時には業務と関係ない悩みの打ち明けであったりとなんでもいいのです。ということで、私たち社員はあまり気負いをせず日報を記入しています。(と思います・・筆者憶測) そこで、何が「これはいい!」と私が思っているかというと、この日報が日々の精神的支えになっている、ということです。大げさかもしれませんが、これ本当です。おそらく私だけでなく他の社員も感じていることだと思うのですが、日々の反省点・改善点を改めて言葉に書くことで、なんとなく感じていることを自分の中で整理することができ、かつそれにねぎらいのコメントをもらうとさらにパワーアップ、「また明日からがんばろう」と思えてくるのです。 Lotusは小規模ですので、各担当者と一言も口を聞かないという日はないのですが、それぞれの日報を読むと、表面上では分からないひとりひとりの個性が伝わってき、親近感が湧いてきます。また、個人の抱えている問題、普段はあまり深く関わらなくとも、あのひとはこんなにがんばっているんだから私もがんばらなきゃ、というやる気まで奮起させてくれます。 ビジネスブログを社員全員が携わる、ということで「社員の意識向上化」だけでなく「社員のコミュニケーション向上化」というふたつのメリットを存分に発揮してくれているLotus Blogのちょっとだけ裏事情の報告でした。