このアーカイブは‘Twitter’タグの記事です。

複数アカウントを統合管理してくれる便利なTwitterクライアント「Splitweet」

Twitterをより効率よく活用する方法をご紹介します。 最近ではFacebookの勢いにやや押され気味なTwitterですが、その手軽さとタイムリーさからか、やはり未だビジネスの世界ではTwitterを情報配信ツールとして使われている企業は多いようです。 複数のブランドを経営されていたり、あるいは個人アカウントと法人用アカウントを両方もっているような経営者様の場合には、複数のTwitterアカウントを管理することになります。 その際に出てくる問題点として、毎度のログイン・ログアウト作業の手間がかかる、あるいはアカウント数が多ければ多いほど、どこに何をつぶやいたのか把握できなくなるといった面倒な事態にもなりかねません。 そこで今回ご紹介するのは、そのような問題を解決してくれる便利なTwitterクライアントhttp://splitweet.com/です。 ◆Splitweet http://splitweet.com/ ▼SplitweetのUI 【主な機能】 ① 複数のアカウントのツイート状況、フォロワー/フォロー動向を1つの画面で統合管理できる。(統合タイムライン) ②Splitweet上で入力したツイートの投稿先アカウントを選び、複数同時配信することができる。(全てのアカウントに配信することも、どれかを選択することも可能) ③ 各アカウントが色分けされており、どのアカウントで何がつぶやかれているのか把握できる。 ④「Your brands’ mentions」のコーナーでは、今気になっているキーワードを登録しておくことで、そのキーワード該当するツイートが表示され、どれほど話題になっているかを把握できる。 (ただし、複数のキーワードをここへ登録した場合、キーワードごとに表示されるわけではなく、一覧に羅列されるだけなので要注意。)   【利用方法】 ①まずはサインアップ画面から新規ユーザー登録を行います。※Twitterのユーザー登録とは無関係です。登録はメールアドレスと任意のパスワードさえあれば行えます。 ②登録したメールアドレスに後ほどメールが届くので、そこに記載されたURLへアクセスします。 ③ログインした画面の左上にある「Twitter Account」をクリックし、Add a new accountの「Authorize」ボタンをクリックし、お使いのTwitterアカウントを全て登録していきます。 ④タイムライン上部にある「Show more account」や「Showing」の欄で タイムライン上に表示させるアカウントの選択、追加が行えます。 ⑤「What’s are you doing?」の下にある投稿ボックスにつぶやきたい内容を入力し、ボックスの右側に表示されているアカウント名のチェックボックスでどのアカウントにツイートを反映させるかを選びます。 ⑥ツイート内容と反映させるアカウントの選択ができたら、「Tweet it!」ボタンをクリックします。これで、投稿完了です。 ⑤その後下にあるタイムライン上に先ほど投稿した内容が各アカウントごとに反映されます。右側に表示されている各色の●が各アカウントを表しているため、どのアカウントで何がつぶやかれているのか一目瞭然です。 ⑥「Your brands’ mentions」の機能をお使いになる場合には、「Brand Mentions」のボタンをクリックし、キーワード登録をすることで作動します。   http://splitweet.com/は無料ツールですので、複数のTwitterアカウントをお持ちの方はまず一度お試しいただく価値があるかと思います。 その他にも、複数のアカウントを管理する為のTwitterクライアントが多数あります。 有名どころを一部紹介・・・ TweetDeck http://www.tweetdeck.com/ Crowy http://www.crowy.net Hootsuite http://www.hootsuite.com これらはGoogle Web Storeで詳細が載っています。…

Whole Foods Market TwitterとFacebookの使い分け

北米と英国に約300店舗を持つ自然派食品マーケットのリーディングカンパニー、Whole Foods Market. 今回は、Twitterアカウント立ち上げからわずか1年で100万人のフォロアーを獲得し、2011年11月現在200万フォロアーをもつ彼らの成功事例を基に、Twitterのビジネス活用方法とFacebookとの使い分け戦略をご紹介します。 同社がTwitterをはじめとしたソーシャルメディアをビジネスに取り入れはじめたきっかけはいたってシンプルだったようです。「時代の流れに乗ること」そして「顧客と接点をもち、これまで伝え切れていなかった自然派食品に対するこだわりや貿易プログラム、地元メーカーに対する貢献活動などを伝えること」。 まず初めに、Webサイトとブログ上でユーザーとのコミュニケーションを図りました。自社取り扱い製品を使ったレシピの公開や商品評価、またそれらに対するコメントをブログ上で募集、公開するというシステムです。その後、FacebookとTwitterを導入。Facebookページ(http://www.facebook.com/wholefoods#!/wholefoods)では投稿を誰でも見ることができる集団交流の特性を活かし、積極的にファンの意見を求めるコンテンツをおくことで、企業とファン、あるいはファン同士の交流を活性化させる場として利用しています。地域ごとに数多くのFacebookページをもち、より地域性の高いプロモーションに役立てています。また、Facebookならではの長文や写真、動画が添付出来るといった利点を生かし、自社ブログの延長線上のような位置づけで展開しています。 一方、Twitter上では基本的に問合せのあったフォロアーとの一対一のやりとりを行い、「カスタマーサービス」としての役割を果たしています。また、Twitterならではの情報浸透スピードの速さを活かし、ブログ更新のお知らせやセールの告知などに活用しています。この位置づけから、同社ではカテゴリごとに150以上のアカウントをもち、フォロワーの質問によって各カテゴリの専門家が対応するという体制をとっています。例えば、チーズについての問合せがあった場合、チーズのエキスパートが返答ツイートをする、といったシステムです(http://www.facebook.com/wholefoods#!/wholefoods )。数あるアカウントの中でユーザーが迷子になることのないようユーザビリティに考慮し、自社がもつ専用アカウントをリスト化したページも作成しています(Twitter.com/WFMcheese)。 企業としてのメインアカウント(Twitter.com/wholefoods )では、企業ロゴを前面に出し、一個人とは切り離した、「企業」としての顔、そして「企業」としての発言をするということに徹しています。 同社ではその他にも、検索機能付のレシピ集やGPS機能を備えた店舗情報を提供するiPhone向けアプリも導入しています。ソーシャルプラグイン機能によりそこからのFacebook、Twitterへの誘導も可能です。ソーシャルメディアはどれか一つに注力して使うのではなく、それぞれの特性を活かして「あれもこれも」と相互補完的に使うことで相乗効果が期待できます。昨今Facebookの勢い押されぎみなTwitterではありますが、Twitterは唯一、その他どのソーシャルメディアとも連携構造が成り立つ存在です。今回の事例を参考に、ぜひ眠っているTwitterアカウントを復活させ、顧客との関係構築に役立てていきましょう。 参考)http://www.socialmediaexaminer.com/reaching-millions-with-twitter-the-whole-foods-story/  

米国大手企業とTwitterの巻

********** はじめに ********** 「社長の知らないWEBの話」はWebの世界で何が起こっているかを会社経営者、起業家の方々に向けニューヨークから発信しております。 このブログを読むと、世の中、特にWebで起こっていることが良く解り、英文に翻訳をつけていますので英語の勉強になります。又、Webをどのようにビジネスに活用するかについて経営上の知恵についても相談できる仕組みを設けていこうと考えております。 気が付いたら世の中は凄いスピードで変化するようになりました。今更聞けないカタカナ文字も多いし、グローバリゼーションと言っても片言英語すら出来ない。SNSって何だ?Web/ITの重要さを会議で説くものの具体的な方針はなかなか出せませんよね。でも、ご安心ください。「社長の知らないWEBの話」を真面目に読めば、Webに明るくなります。 登場人物 【鳩山社長】— 50歳。中堅商社の2代目社長。事業の将来性に頭を痛める日々。 【山崎部長】— 40歳。米国留学経験のある事業部長。海外販路を模索中。 【城Web担当】— 30歳。最近入社した新人。Web/ITを担当し業務改革に奮闘中。 ********** 本 文 ********** 【山崎部長】 おはようございます。社長!今日のNew York Times読みました?この記事です。 ——————————————- “It’s one of the greatest emerging communication channels out there,” said Greg Ahearn, senior vice president of marketing and e-commerce for Toys “R” Us. “This is a way people can stay connected with…